滋賀県のグルテンフリーチーズケーキBee’sが滋賀名物【鮒寿司】を解説

こんにちは。

Bee’sオーナーの松本です!

  • オンラインのみでチーズケーキの販売をしています。
  • 砂糖・小麦粉・人工甘味料 不使用のグルテンフリーチーズケーキです。
  • もともと、糖質に悩む妊婦の妻のために開発しました。

今回のテーマは、【鮒寿司】です。

1.鮒寿司の歴史
2.鮒寿司の特徴
3.鮒寿司のおすすめの食べ方

今回は、この3つについてです。
それでは、いきましょう!

滋賀県のグルテンフリーチーズケーキBee’sが滋賀名物【鮒寿司】を解説

1.鮒寿司の歴史

大前提として、鮒寿司は日本最古の寿司です。
形は違いますが、魚と米を使うという点では共通するものがありますね。

鮒ずしは「なれずし」と呼ばれる伝統的な発酵食の一つです。「熟(な)れずし」は東南アジアや中国で古来からあり、日本にはいつの時代に渡来したかははっきりとした証拠はありません。
しかし、奈良時代や平安時代にはすでに「熟れずし」は食されていたことが判明しています。「熟れずし」は現代の握り寿司やちらし寿司の原形と言われていますが、見た目も味も食べ方も、全く似ても似つかないものです。
共通しているのは、お米と魚の組み合わせである点でしょうか。
「熟れずし」という、お米に魚を漬け込んで発酵させるという技法が、フナという食材と結びついたのは滋賀県だけです。
平安時代の『延喜式』の記載によれば、近江国筑摩厨(滋賀県米原市)から「鮨寿司」が貢納されていることから、少なくとも「鮒寿司の歴史」は確認できる上では、約1200年の歴史があることになります。一説では、安土に城を築いた織田信長が徳川家康をもてなした時にも、鮒寿司が出されたと言われており、歴史の名将たちも鮒寿司を食べていたことに思いを馳せれば、鮒寿司はロマンあふれる食品でもあります。

2.鮒寿司の特徴

鮒寿司は、鮒と炊いた米と塩を長期間漬け込んで発酵させた、“なれ寿司”の一種。
主に滋賀県の琵琶湖でとれた二ゴロブナを材料としている。
二ゴロブナを丸ごと発酵させているため、カルシウムや乳酸菌、タンパク質、ビタミンB群などの栄養素がとても豊富です。(骨は発酵する過程で柔らかくなっている)。
栄養の面からも素晴らしく鮒寿司のサプリメントがあるほどです。
冷蔵庫がない時代、貴重な栄養源だった魚を長期間美味しく味わえることから、かなり重宝されていたようです。
滋賀県では、古くから結婚式・出産祝いなどの“ハレの日”の料理として食されてきた鮒寿司。
お祝い事以外にも、病中・妊娠中・肉体疲労時などの滋養強壮食品としても食されてきました。
私も子供のころ何か特別な日に、父が鮒寿司をもらってきていて鮒寿司はたまに冷蔵庫にありすごい臭いを放っていたのを覚えています。
それに鮒寿司は値段も少し高めです。そういったことから昔では“普段はなかなか食べられない、とっておきのご馳走”のような位置づけだったのではないでしょういか?。

そして、先ほども書いたように鮒寿司の特徴といえば、強烈な臭いですよね。
「鮒寿司が苦手」と言う人は、おそらくその“におい”が苦手なのだと思います。実際、私もその一人で子供のころ初めて鮒寿司の臭いを嗅いだ時はどうしてこんなに臭いものを食べているのか不思議に思うほどでした。
最初に嗅ぐにおいのインパクトが凄すぎて、その後に口に含んでも、じっくり味わう心の余裕を持てないのではないでしょうか。
しかし発酵の臭さにはなれがあります。魚独特の生臭い発酵臭にさえ慣れてしまえば、他の食品ではなかなか味わえないような、力強く深い旨みを堪能できるはずです。


鮒寿司の味は、強い酸味と程よい塩辛さが特徴。食感は、とても柔らかく。そして噛めば噛むほど、熟成された鮒の旨みがじわじわと口の中に広がっていきます。
食べ慣れている方は、口に放り込んだ瞬間に「美味しいなァ」と思いますが、初心者の方は“鮒寿司の本当の美味しさ”を実感するまでに、少し時間がかかるかもしれません。
私も子供の頃は全く美味しいとは思いませんでしたが、大人になり食べてみると子供の時ほどの嫌な感じがなく食べる事ができました。
なので、おそらく最初は「ウッ」と思います、しかし食わず嫌いにならず食べてみてください!
もしかすると、その味にはまるかもしれません。

3.鮒寿司のおすすめの食べ方

・まずはシンプルに白ご飯やお酒と共に

私はお酒をあまり飲みませんので詳しいことは分かりませんが、やはり日本酒との相性は抜群だそうです。
知り合いのワインソムリエの方は甘口の白と合わせると言っておられ、その組み合わせは一度食べてみたくなりました。

・お茶漬け

これも、滋賀県の人からすると当たり前かもしれません。
薬味やお茶の味がいい感じに鮒寿司と混ざり合い、臭みの角がなくなったような味わいになります。
鮒寿司が苦手という方でも、意外にもこれならいけるといった人が多い食べ方になります。
自己流にアレンジも可能ですし、自分の好みのトッピングで食べてみるのもいいかもしれません!

Follow me!