滋賀県で砂糖・小麦粉を使わないBee’sのチーズケーキが砂糖を解説。

砂糖の種類と特徴

どのように作られるのかなど詳しくは次回以降で説明したいと思います。

・上白糖

上白糖は日本でどの家庭にもある一般的な砂糖です。さとうきびやてんさいから作られる原材料を、洗浄・濃縮・ろ過などの工程を経て不純物を取り除き、結晶化します。そして、最後に転化糖を加えて上白糖ができます。

転化糖を加える前がグラニュー糖と言われる砂糖です。上白糖とグラニュー糖の見分け方は手触りです。転化糖を加えるとしっとりとなるので加える前のグラニュー糖はサラサラとしているので触るもしくは見た目で簡単に判断する事ができます。

何にでも使えるのが上白糖なので、多くの家庭で使われています。

・グラニュー糖

グラニュー糖は一般的にお菓子に使われる砂糖です。グラニュー糖は純度が高く、サラサラとしていてクセがなく溶けやすいためお菓子以外にもコーヒーなどの飲み物などに使われる砂糖で世界ではこのグラニュー糖が一番使われています。

・きび砂糖

きび砂糖の色はサトウキビの液を煮詰めたときに残る色です。精製される白砂糖よりもカルシウム、カリウムなどのミネラルを含みます。きび砂糖には独特の香りとコクがあり、やさしいまろやかな味です。きび砂糖もどんな料理にも基本的には使えます。白砂糖のように精製されていないため体内でゆっくりと吸収されるのも特徴の一つです。

・三温糖

三温糖は香ばしい香りが特徴の砂糖です。三温糖は、糖蜜を何度かカラメル化して作られるため香ばしい香りがします。三温糖は家庭ではあまり使わない砂糖ですが、コクや香ばしさを活かすため照り焼きや煮物に使われることが多い砂糖です。ただ、三温糖は色がついているため勘違いされやすいですが黒糖のようにミネラルが豊富に含まれているわけではないので注意が必要です。

・てんさい糖

砂糖の中でのおすすめはてんさい糖です。なぜなら、てんさい糖はミネラル分を除去せずに作るためミネラルが豊富でなおかつオリゴ糖も含まれているため腸内環境を整えてくれる働きがあります。そして、さとう大根からできるてんさい糖は寒い土地で育つため身体を温める効果があると言われています。

甘味にもクセが少なく色さえ気にしなければお菓子から料理まで幅広く使っていただける砂糖です。

まとめ

料理によって砂糖を使い分けることができると料理お菓子の幅が広がると思います。

砂糖の甘味をほかの甘味で代用することもできます。私たちBee’sのチーズケーキも砂糖を一切使わずにハチミツでその甘味を代用しています。メープルシロップやココナッツシュガーなどでも甘味は代用できるのでぜひ自分の好きなもので代用してみてください。

Follow me!