滋賀県で、ハチミツを使ったチーズケーキを販売するBee’s ビーズがハチミツについて解説!!3000年以上腐らない

そもそもハチミツとは

・ミツバチが花の蜜を集め、それを巣の中で貯蔵したもののことです。その甘い蜜は自然界でもトップクラスです。花蜜のショ糖をミツバチの体内で分解しブドウ糖と果糖になり、飛ぶ時の羽ばたきのよって水分を蒸発させることでハチミツの糖度は80%になります。糖分が8割を占め残り2割は水分で構成されていて、ミネラルやビタミン等の栄養素をわずかに含みます。ハチミツによって色や味が変わってくるのは蜜を取る花の種類に関係しています。そして、基本的にハチミツの元となる蜜はメスのミツバチによって採集される。

ハチミツの栄養と効果

ハチミツの糖分: 先ほどの通りハチミツの糖分は80%になります。その糖分の大部分を占めるのがグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)になります。その他にも少量ですが、マルトース(麦芽糖)やスクロース(ショ糖)等が含まれます。

栄養: ハチミツの主成分はブドウ糖・果糖ですが、その他に27種類のミネラル・22種類のアミノ酸・10種類のビタミン・10種類以上の有機酸・80種類の酵素・ポリフェノールなど栄養成分の数は180種類を超えると言われています。栄養のバランスも良く、日ごろからハチミツを食べる事は非常に体にいいことです。次に、ハチミツの効果を具体的に説明していきます。

ハチミツの効果: ハチミツが体に与える効果は様々あります。まずは疲労回復です。なぜか、それはハチミツの糖分は単糖類に分類されます。単糖類とは、それ以上分解する必要のない糖類です。なので消化器官に負担をかけずに消化吸収できます。単糖類ともう一つが多糖類です。多糖類は単糖類が多く集まったもので例えば芋や米などのデンプンなどです。多糖類は最終的にグルコース(単糖)に分解され体に吸収されるので分解に時間がかかります、そのため、健康な方にとっては、腹持ちがいいと言われますが疲労している方や栄養が足りていない人からすれば消化器官への負担が大きいです。病院などで疲労回復のために点滴を打つときは単糖類が打たれます。そのわけは上記の通り分解する必要がないので吸収が早くすぐさまエネルギーになるからです。結論、ハチミツは単糖類のため体への吸収が早く疲労回復効果がある。

・美容効果: 食べることで得られる美容効果もありますが、肌へ直接塗ったりパックするのを最近よく目にします。先ほど180種類以上の栄養成分があると説明しましたが、その中には美容成分も含まれており美容に素晴らしい効果があります。ハチミツは保水性が高く肌荒れや乾燥肌を保湿する効果があります。(私もよく唇が割れた時はハチミツを愛用しています)そして浸透力も強く肌や髪の毛に非常に馴染みやすい性質があり、なおかつ古い角質を除去してくれる万能品です。今ではハチミツ洗顔やハチミツ化粧水などもあるので一度試してみてもいいかもしれませんね。

・殺菌効果: 私が幼い頃のどが痛くなったり風邪を引いた日は必ずハチミツを取るかお湯で溶かした温かいハチミツ水を飲んでいました。ハチミツは昔、古代エジプトの時代から医薬品として様々な場面で使われてきました。そのハチミツには科学的根拠があり、ハチミツに含まれるグルコン酸(ハチミツに含まれるブドウ糖にミツバチの酵素が反応し生成されるもの)に殺菌作用があります。さらに、グルコン酸が生成される際に発生する活性酸素の一種がオキシドール成分でより強い殺菌作用があります。どのように摂取するのが一番いいかというとそのまま舐めるのが一番いいです。お湯などに薄めたほうが飲みやすい方も多いと思いますが、やはり抗菌作用は熱に不安定ですので生のままが一番とされています。

・ダイエット効果: ハチミツはすごく甘い天然の甘味料です。甘さが強いため、砂糖大さじ3杯いるものに対してはハチミツ大さじ1杯で済みますし、カロリーも砂糖の4分の3しかないので絶対に砂糖からハチミツに変えたほうがいいのですが一番の要因はハチミツは高価なものなので砂糖ほど使うにはそれなりの出費になることです。ですが、すべてとは言わずに部分部分をハチミツに変えるだけでも効果が発揮されます。まず、ハチミツを摂取するだけでもハチミツの血糖値を調整してくれる機能があるため脂肪が付きにくくなります。低カロリーのため血糖値の上昇が緩やかで、インスリンの分泌量が少なくて済みます。そのおかげで脂肪ができる割合を減らしてくれます。

その他にも、冷え性対策や花粉症、マウスウォッシュなど挙げればきりがないほどハチミツの持っている効果は素晴らしいものです。

純粋ハチミツと天然ハチミツ

・まず大前提として、ハチミツは腐りません。それは、ハチミツ自体に殺菌能力があるのと水分がほとんどないので細菌が繁殖できないからなんです。

加糖ハチミツ: 加糖ハチミツは名前の通り糖を加えたハチミツになります。これは、天然の甘味料ではなく人が手を加えて販売しているハチミツになります。加糖ハチミツには添加物等が含まれることも多いので、ハチミツを使ったジュースや安定した供給が必要なところは加糖ハチミツを使用している場合が多いです。悪いわけではないですが、人間のタイミングでまだ採取するには早いハチミツをとり加工を行い安定供給ができているということになります。

純粋ハチミツ: 純粋ハチミツには人工的に糖や添加物などは一切含まれていませんが、こちらも人工的に加熱処理を行うことでハチミツに含まれる栄養素は壊れてしまいます。最近、美容は健康のためにハチミツは人気ですがその効果が加糖ハチミツや純粋ハチミツででるかは絶対ではないということです。栄養素だけではなく上記の通り本来ハチミツが持つ殺菌作用や抗菌作用はなくなっている可能性は高いのでその点は購入の際注意が必要になります。

精製ハチミツ: まだ取るには早いタイミングで人工的に加熱し水分を飛ばして糖度を飛ばしたハチミツになります。このハチミツは栄養素等が多く壊れている可能性が高いです。

生ハチミツ: 生ハチミツが人工的に手も加えず糖や添加物を使用せずにミツバチ自身が水分を飛ばしたハチミツです。なので、このハチミツは栄養も高く美容効果も期待できます。天然のハチミツと手を加えたハチミツの簡単な見分け方は二つあります。一つは、透き通っているか濁っているかです。天然のハチミツは加工されていないため花粉などが含まれているため濁っています。なので、逆に言えば透き通ったハチミツには注意が必要です。二つ目は、値段です。基本的に天然ハチミツは決まった時期にしか取れず大量生産には向きません、そして天然ハチミツにかかる労力やコストを考えれば値段が高くなるのは確実です。高いものには理由があると言いますが全くその通りです。

まとめ

「ハチミツの歴史は人類の歴史」と言うことわざがあるように人類にとっては大切な存在であることは間違いないと思います。。現在、ミツバチの数も減ってきておりハチミツはこれからさらに高価なものになる可能性が高いです。ですが、世界には様々なハチミツがありそれぞれ味も違いその数だけ食べ方があります、ぜひ自分に合ったハチミツと食べ方を見つけてください。

またこれからもハチミツについて書いていきたい思います。

Follow me!